iPhone修理 専門店 スマップル浜松 富塚店

平野美術館「駿府博物館名品展-明治の巨匠から静岡ゆかりの現代作家までー」

全国のみなさんこんにちは、スマップル浜松富塚店です(^_-)-☆

本日は天気も良く暖かいですのでお昼ご飯を食べた後のこの時間はお昼寝をするにはちょうどよく眠くなってしまいますよね(;’∀’)

さて本日紹介するのはどなたでも楽しんでいただける近代日本画の展覧会です(‘ω’)ノ

近代日本画の傑作並びに静岡ゆかりの作家による力作をお楽しみください

駿府博物館は、静岡新聞社・静岡放送を創設した故・大石光之助氏(1896-1971)の蒐集品を中核とした美術館です!大石氏は、“静岡県民に奉仕する社会教育施設の実現”を目指して、基金を設立し自ら収集した美術品を寄贈、旧静岡新聞社社屋(静岡市葵区紺屋町)を駿府博物館(現在は静岡市駿河区登呂に移転)として提供しました!今回、駿府博物館が所蔵する近代日本画や創作版画を、浜松市の平野美術館で展示することとなりました(^^♪昨年、駿府博物館で行われた「平野美術館名品展」の交換展となる今回の展覧会では、駿府博物館に所蔵される近現代の日本画と創作版画の中から選りすぐりの約60点をご紹介致します( *´艸`)この機会に足を運んでみてはいかがでしょう!

参照元;http://www.at-s.com/event/article/art/814284.html

充電ができない原因はバッテリー劣化や充電口の故障だけではありません!

みなさんが毎日使うアイフォンは毎日充電すると思います!しかし充電ができなくなってしまうと非常に焦りますよね、当店にも充電ができなくなってしまったとお持ちいただくお客様が非常に多くいらっしゃいます!多くの方は、バッテリーが劣化して充電できなくなってしまっていたり、充電口が壊れて充電できなくなってしまったと思いお持ちいただく方ばかりです!実際バッテリーの劣化が進行しすぎると充電できなくなることもありますし、充電ができなくなって一番最初に疑うのが充電口なのも納得ですが実はどこも故障していなくても充電できなくなってしまうことがあるんです(+_+)

iPhone6s 充電不良 クリーニング前

それはゴミが充電口に詰まってしまい充電できなくなることです!毎日充電器を抜き差しするうちに中にホコリやゴミが溜まってしまい奥までしっかり刺さらなくなってしまうことがあります!そうなるとしっかりささりませんので当然充電も出来ません!

しかし、この場合はごみを取り除いてしまえば故障しているわけではありませんので充電できるようになります!

iPhone6s 充電不良 クリーニング後

写真だとわかりにくいかもしれませんが今回のお客様も充電口の中に小指の爪ほどの量のホコリが溜まってしまっていましたが取り除いた後は、問題なく充電され正常に使っていただけるようになりました!

ご自身でゴミを取り除く際は十分にお気を付けください!過去にも自分でゴミくらいは取り除けると思い行った結果充電口内の接点を傷つけてしまい取り除いた後も充電できなくなってしまった方もいらっしゃいますので行う際は慎重に行っていただくことをお勧めします!

スマップルならご予約なしでも修理させていただくことができますのでお困りの際はスマップルまでお気軽にお越しくださいませ(`・ω・´)ゞ