iPhone修理 専門店 スマップル静岡店

iPhone7の液晶が破損してしまった時の対象方法!

iPhone修理のスマップル静岡店です。

昨日はかなり気温の低い一日となりましたね…

久しぶりに暖房をつけたような気がします。

11月までもう少しですが、季節代わりの今の時期は特に体調管理を気を付けていきましょう(^^♪

それでは本日の修理をご紹介します。

 

本日はiPhone7の液晶修理をしていきたいと思います。

画面が衝撃を受けてから暫く経った後に黒い模様が浮き出てしまったとのことでした。

画面が黒くなってしまった個所は液漏れと呼ばれることが多くあります。

黒い液が垂れ下がっているように見えるところから液漏れという名前がつきました。

液漏れは初めの段階では画面の一部分が黒くなっていることが多いのですが、徐々に黒い範囲が広がっていくのが特徴の症状です。

縦に細い黒い線が延びているときも同じ症状になるので端末に衝撃が加わってしまった時は気を付けて使ってください。

気になるからと言って指で強く押したりすると黒い線が太くなったり、タッチが出来なくなってしまうことがありますのでお気をつけください。

それでは修理端末を見ていきたいと思います。

iPhone7 液晶画面修理

今回は左側に集中して黒い線が出てしまっている状態です。

こういった時にはまず、画面が勝手に操作されていないかを確認して、されているようであれば電源のシャットダウンを行っておきましょう。

タッチ操作が勝手にされてしまう状態で放っておくとパスコードロックの解除が自動でされてしまい最悪の場合でデータを失ってしまうこともあります。

勿論急にすべてのデータが無くなってしまうということはありませんので、焦らずに電源を落としてください。

タッチ操作がすでに出来なくなってしまった場合は充電が無くなるまで待つか、バッテリーのコネクタを強制的に外し電源を落とす方法があります。

ですがコネクタを外すのは個人で行うのが難しい作業になるので、スマップル静岡店に早めに持ってきて頂ければと思います。

それでは今回修理したパネルの画像を見ていきましょう!

iPhone7 画面修理後

新しい液晶画面なので黒い線はもちろん取り除かれています。

タッチ反応は新品同様に元通りとなっています。

これでデータがが無くなってしまう心配もいりませんね!

もし画面にキズや割れのような跡が見られない場合は基盤が痛んでいる場合がありますので、そういった時はスマップル静岡店のメンテナンスにお任せ下さい!

パーツで直るかどうかなどのチェックも同時にさせていただきます(=゚ω゚)ノ

iPhoneのパーツ交換修理なら是非お気軽にご相談下さいませ!

それでは今回もご閲覧頂きありがとうございましたm(__)m