iPhone修理 専門店 スマップル渋谷本店

耐水性能が付いたiPhoneでもお風呂で使うと壊れます。

iPhone7以降から採用された耐水性能は進化しiPhone11proの耐水性能は「最大水深4メートルで最大30分間」へと耐水性能が上がっています。

進化した耐水性能ではありますが、過信しているとiPhoneが水没し、不具合が出てしまう状態に陥ってしまいます。

iPhoneの水没の原因は様々です。

・洗濯機に一緒に入れて洗濯してしまった

・トイレの中に落としてしまった

・海や川で水没

・大雨などでポケットの中でiPhoneが濡れた水没

・お風呂で使っていて水没

耐水性能が付いているiPhone7以降のシリーズですが、水の中で使うことや、お風呂での使用はやめておいた方がよいです。

今回お持ち込み頂いたのはお風呂で使用したiPhone11proのご紹介です。

上は画面の裏側の写真です。

左側のケーブルが伸びている下の部分に水没した際に赤く染まるシールも赤く反応しています。

下部分でもまだ水気が残っています。

基板やバッテリーがある本体フレーム側も水気が残っています。

Appleでのテストではお風呂でのテストは行っておりません。

お風呂での使用は湯気や蒸気などが入りやすく、端末内に水気が入ってしまう原因となりますのでお風呂での使用は止めておいた方が良いです。

お風呂から上がったあとですぐに不具合がでないことも多く、内部にそのまま残った水気により基板やコネクタ部分でショートや腐食し不具合へと繋がります。

主な不具合はリンゴループというiPhoneの起動時のリンゴの画面をループして起動できなくなったり、画面の表示異常や、充電ができなくなってしまったりと様々です。

アップデートや特に何もしていないのに朝起きてiPhoneをみたらリンゴループしていたということでのご相談では、内部を確認すると水没していたという状態も少なくありません。

iPhone11proでは30分間、水深4メートルを耐えられるという事ですが、耐水性能の関してAppleから経年と共に劣化して耐水性能を維持できないと発表もあります。

購入した当初で耐えれた水没も使用を続け行くと、水に濡れてしまった時に水没してしまう確率が高まってしまいます。

iPhoneは精密機械です。精密機械の弱点ともいえる水気、湿気が高い場所での使用は控えてお気を付けてご使用ください。

 

iPhoneが水没してしまったら!?

当店ではiPhoneの水没復旧作業を承っております。

当店独自の水没復旧作業は復旧率も高めです!!

水没からの不具合でお困りでしたらスマップル渋谷本店にお気軽にご相談ください。