iPhone修理 専門店 スマップル博多店

バッテリーの持ちが悪いiPhone6もスマップル博多で即日修理!

iPhoneを使って2年以上経過すると、まず気になるのがバッテリー(充電)の持ちですよね。

朝100%に充電しても、お昼頃には30%をきり、夕方まで確実に持たない!!

と、いつ充電が切れてしまうかハラハラしてしまうのも困りますね。

モバイルバッテリーを持ち歩くのも面倒だし、充電しながらiPhoneを使い続けるというのも、バッテリーを劣化させてしまう原因でもあるので、なるべく避けたほうが良いんです。

iPhoneの充電中は使用せず、充電ケーブルを抜いてから使用するようにしてくださいね!

今回はiPhone6の充電持ちが悪いというご依頼。

 

充電が全く持たないiPhone6!さっき100%だったのに、もうこんなに減ってる!?

iPhone6はiPhone6 plusと共に約6年前に発売されたモデル。

修理依頼されたお客様も、4~5年は使っているとのことでした。

それまでにまだバッテリー交換もされたことないご様子。

バッテリーの状態を確認してみましょう。

iPhone6のバッテリー交換

最大容量は51%

ピークパフォーマンス性能も必要な電力を供給できないとの表示があります。

これがバッテリーが劣化している状態の表示となります!

ピークパフォーマンス性能が落ちると、電源が勝手に落ちることがありますが、お客様も電源が落ちることが多々あるとおっしゃっていました。

最大容量の表示は、だいたい80~85%がバッテリーの交換時期と言われています。

ということで、51%ということは、かなりバッテリーの持ちが悪かったのではないでしょうか。

 

劣化したバッテリーの状態って??

バッテリー交換の為、iPhone6の内部を開けた状態をご覧ください!

iPhone6のバッテリー交換

バッテリーの表面がボコボコとしているのが分かりますか?

このようにボコボコした状態なのも、バッテリーが劣化している様子になります。

バッテリーは劣化することで、ボコボコしたり、膨張したり、目で見えないうちに日々の使用に伴い劣化が進んでいくんです。

 

バッテリー交換でiPhone6の最大容量も100%に!

スマップル博多ではバッテリー交換後、バッテリー容量の増減やバッテリー状態の確認も再度行います。

交換後のバッテリー状態がこちら。

iPhone6のバッテリー交換

最大容量も100%と新品同様になり、ピークパフォーマンス性能の表示も正常に戻りました。

交換前のバッテリー持ちはかなり悪かったと思いますので、実際に使われてみてバッテリー交換による改善を感じられるかと思います!

iPhoneのバッテリー持ちにお悩みの場合は、博多駅ナカのスマップル博多までお越し下さい!

是非!バッテリー交換による、バッテリー持ちの改善を肌で感じてください(*^▽^*)

 

iPhoneのトラブル・ご相談・修理のご予約はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

電話アイコン

 

LINEからのご予約・ご相談はこちら

LINEアイコン

 

WEB予約はこちら

WEB予約画像