iPhone修理 専門店 スマップル北九州小倉店

9月28日は「プライバシーの日」

1964(昭和35)年、三島由紀夫の小説『宴のあと』でプライバシーを侵害されたとして
有田八郎元外務大臣が作者と発行元の新潮社を訴えていた裁判で、
東京地裁がプライバシー侵害を認め、三島由紀夫に損害賠償を命じる判決を出しました。
日本でプライバシーが争点となった初めての裁判ですね。

他者に知られたくないことはたくさんあるかと思われます。
今はネット社会なのでSNSなどでも驚くほど簡単に情報が手に入りますよね。

ご自身が使用しているiPhone。
しっかりとデータや情報の管理などしていらっしゃいますでしょうか?

大事なデータが入っているのであれば、定期的にバックアップを取っておきましょう。
情報が漏れる可能性があるとするなら、iPhoneを紛失してしまった時など
大変危険になります。保証書を失くすのと同じくらい危ないです:;(∩´﹏`∩);:

個人情報の詰まった端末ですから、パスコードなど掛けて
しっかり自身で管理しておきましょう!!

万が一iPhoneが壊れてしまった場合は、当店の出番です。
データ部分に一切触れずに作業致しますので安心してお任せ下さいませ!