iPhone修理 専門店 スマップルつくば店

スマップル株式会社ロゴ画像
スマップル株式会社ロゴ画像

充電しなくなってしまったiPhone6s バッテリー交換で起動するのか

iPhoneが充電しなくなったというお持ち込みが最近になって増えてきました。

iPhoneのバッテリー交換の場合に多い事例は

〇充電時間が短くなる

〇充電時間がいつも以上に長くなる

〇アプリを利用するとすぐになくなる

〇充電頻度が増えた

〇100%にならない

 

などの理由でお持ち込みいただくケースが多いです

iPhoneのアプリを使うと減りが極端に早い

バッテリーのモニターリング

 

写真では、Twitterとラインの購読だけなのにすぐになくなる様子です

 

明らかにおかしいです

 

アプリを使うときは

 

充電しながらでないときついそうです。

 

充電をお考えの場合は、この画面を見て判断するといいでしょう。

 

問題は、

iPhoneの画面が映らなくなってしまった

iPhone充電をすると

ポン と音が鳴ったり

振動して

充電開始を

私たちに教えてくれます

 

この反応がありません

 

落としてもいないし、水没や水濡れもありません

 

ここで考えられる原因は

〇充電ケーブルの破損

〇電源アダプターの破損

〇バッテリーの寿命

〇iPhoneのコネクターの破損

〇基板の破損

 

このあたりが思い浮かぶと思います

 

多くの場合は、

バッテリーの寿命ですが

充電ケーブルも多いです

 

ただし、2,3日放置すると

バッテリーそのものがダメになることもありますので

 

朝、iPhoneが起動しないようでしたら、すぐに街の修理屋さんに

充電のケーブル、アダプターももっていきましょう

 

今回の持ち込みは

iPhoneのバッテリーの寿命でした

充電一式は

お店のiPhoneで正常に充電しました

iPhone6sバッテリー交換

iPhoneと古いバッテリー

 

バッテリーの仮組をして

充電すると

ポン と音が鳴り

充電を再開しました

 

バッテリーの寿命です

 

最近、iPhone6sとiPhoneXに多く見られる現象です

 

iPhone6sは発売から5年以上過ぎています。購入から1度も交換されていない場合は、iPhoneのバッテリー交換をしていい時期でしょう。

iPhoneXはなぜか最近おおいので、このような性質があるのかもしれません。

 

アップル正規店のバッテリー交換は予約制で約1週間待ちです。

携帯電話を1週間待つというのは、現実的ではありません。

 

保証はなくなりますが、街の修理屋さんでのiPhoneのバッテリー交換検討してみてください