iPhone修理 専門店 スマップル渋谷宮益坂店

スマップル株式会社ロゴ画像
スマップル株式会社ロゴ画像

梅窓院文化講演会、ブッダその人と、ブッダを巡る人

今年はマンガ家の里中満智子先生にお話頂けるそうなのです。

里中先生は、16歳という若さでマンガ界に華々しくデビューされました。

少女漫画で描かれるような「恋」や「ときめき」だけではなく、激しい愛のあり方であったり、愛によって生まれてしまう憎しみや苦しみであったりと、道ならぬ恋愛などを描いたのです。

少女漫画というジャンルを超えて、大人の女性も読んでしまう、恋愛ドラマとしてその世界を広げていったのです。

また、歴史への造詣が深く、女帝持統天皇を描いた「天上の虹」は32年をかけた大作となりました。

今回、梅窓院文化講演会では、ブッダそのひとと、ブッダを巡る人たちのかかわりに光を当てていただきます。

人間ブッダの生き方から、私たちに伝えられるこころは悠久の時空を超えて輝いています。

ご興味のある方はコチラに参加してみては、いかがでしょうか?

 

『第14回 梅窓院文化講演会(マンガ家・里中満智子氏) 』

開催日:2017/10/21(土)

開催時間:開場:14:15 開始:15:00 終了:16:30

開催場所:梅窓院 祖師堂

住所:東京都港区南青山2-26-38

定員:300名(先着順・事前申込制)

申し込み:電話・FAX・Eメール・公式サイトのお申込みフォームにて受け付け

料金:無料

お問い合わせ先:青山文化村(梅窓院 広報部)

電話番号:03-3404-8588
電話受付時間:10:00~18:00

メールアドレス:bunkamura@baisouin.or.jp

 

本日は東京都渋谷区からご来店頂いた方です。

ご来店ありがとうございます。

iPhoneを落として割ってしまったようです。

携帯を落としてしまった時のあの「はっ!」とする瞬間には、いつまでたってもなれませんし、そんなにキズついていませんようにと思いながらドキドキしながら確認するのも、なんとかならないでしょうか・・・

修理をご依頼頂いた機種はiPhone7なのですが、まずは状態確認からしていきましょう。

深めの割れやヒビがあるようではありませんが、割れていることには変わりありませんので、操作はし辛い状態です。

通常良く操作する場所というのは、下半分と縦の中央でしょうか。

下半分は右手・左手と片手で操作するときによく使いますし、通知バーを降ろすときになどには、縦の中央から下へスライドしますよね。

それが今回の割れ方では、ちょうど割れとヒビが入ってしまっているのです。

そういった時は、画面交換を行いましょう!

パパパ、パッパパー♪(レベルアップ風)

作業が完了いたしました。

もちろんガラスなどには割れはなくなりましたので、これで快適な操作を取り戻すことが出来ました。

最後にフィルムを貼ってお渡し完了です!

「久しぶりに割れていない状態のアイフォンを見た」と言った、お声も良くいただけますが、割れてしまったのであれば早急に直してしまいましょうね。

当店での修理であれば基本即日での対応が可能となっていますので、お仕事があったとしても休憩中に修理にだして、お仕事が終わったら引き取りに来るなんてことも可能ではあります。

アイフォンでお困りごとがあってそれを放置したままにせず、一度ご相談・ご連絡をお待ちしております。

以上、スマップル渋谷宮益坂店でした。