iPhone修理 専門店 スマップル博多店

スマップル株式会社ロゴ画像
スマップル株式会社ロゴ画像

ゴーストタッチが起こってパスコードが打てない!電源も切れないし困ったな(◞‸◟ㆀ)

皆さんはゴーストタッチというiPhoneの症状をご存知でしょうか。

ゴーストタッチとはiPhoneを落とした衝撃や圧迫・水浮濡れなどが原因で、端末に触っていなくてもタッチ反応があったとご認識される症状です。

今回はそんなゴーストタッチが起こってしまったiPhoneXRをご紹介します。

 

パスコードが打てない!iPhoneXR

福岡市東区からお越しのお客様は食事中に机に置いていたiPhoneを落としてしまい、画面が割れたそうです。

「このくらいだったら修理しなくてもいいや」と思っていたそうですが、画面を見てみると・・・

 

 

パスコードが勝手に入力されている!?!?

一瞬で5回のパスワードが誤入力されiPhoneは1分間使用できなくなりました。

「この状態はまずい」と思い、食事を早々に済ませ、当店にお持ちいただいたそうです。

 

ゴーストタッチの怖さ

ゴーストタッチの怖さはなんといってもパスコードの誤入力です。

iPhoneは

  • パスコードを5回間違えると1分間、
  • 6回間違えると5分間
  • 7,8回間違えると15分間
  • 9回間違えると1時間

10回間違えると“iPhoneを初期化”しなければなりません。

日頃からデータのバックアップを取っている方であれば問題ないかもしれませんが、多くの方はそうでないと思います。

ご来店されるお客様にバックアップを取っているかを質問するとほとんどの方は「多分取れていると思う・・・」と自信がある方はあまりいません。

 

もしゴーストタッチが起こってしまったら

iPhoneの初期化を防ぐためにできることを優先度順に書いていきます

⓵電源を切る

症状が軽ければ電源を切ることができるかもしれません。悪化するとスワイプする以外の所にタッチ反応が持って行かれ電源が切れません。

②画面が開いたらすぐにスリープボタンを押す。

パスコードを誤入力が起こる前に表示を消しましょう。しかしこれはiPhoneから目が離せませんし、大変ですよね。

③もし症状が落ち着いたらパスコードを切る

パスコードを切ることで初期化の心配はなくなりましたが、この方法はアプリが勝手に起動し操作が行われるので注意が必要ですね。

 

ゴーストタッチが起こると自然に直ることはほぼないので早めにスマップル博多へお越しくださいませ。

 

 

iPhoneのトラブル・ご相談・修理のご予約はこちらから!

お電話でのご相談・ご予約はこちら

電話アイコン

 

LINEからのご予約・ご相談はこちら

LINEアイコン

 

WEB予約はこちら

WEB予約画像