iPhone修理 専門店 スマップル博多店

iPhone7のバッテリーの持ちが悪いなら博多駅ナカiPhone修理店スマップル博多へ!

iPhoneのバッテリーの持ちが悪い?!充電がすぐ切れる?!iPhoneのバッテリーの持ちが悪くてお困りならスマップル博多にご相談ください!

本日はiPhone7のバッテリー交換のご紹介をします!

 

お持ち込みいただいたのはiPhone7のproductredでお客様は西区からお越しの主婦の方で充電の持ちが一日持たず半日程度で切れてしまうとのことでご来店いただきました!さっそく状態を見てみましよう!

 

劣化の表示が出ているiPhone7productred

iPhoneバッテリー交換前

こちらがお持ち込みいただいた時のiPhone7のバッテリーの状態となります。大きく「バッテリーに関する重要なメッセージ」と出ており使っているバッテリーは劣化しています~とメッセージが出ていますね、これはIOS13から正式サービスとなりましたバッテリーの状態の項目で現在使用しているバッテリーの状態を簡易的に確認出来る機能です。何かしらバッテリーに異常や劣化があるとここに表示されるようになりました。

今回は劣化の表示もあり、最大容量も80%を切っているので交換のタイミングとなりさっそく交換していきます!

 

バッテリーの状態の確認のしかたと見るべき項目は?

さてバッテリーの状態が見れるようになったけど何を見たらいいのか?

ここではそのバッテリーの交換のタイミングの目安の見方と確認方法をご紹介します。

まず確認方法ですが、設定アプリを起動し、そのなかからバッテリーという項目をタップ、あとはバッテリーの状態という項目をタップすれば現在使用しているバッテリーの状態を知ることができます。

ではなにをみたらいいかというと、まずはバッテリーの最大容量を確認してください、これは現在使用しているバッテリーが新品の状態に比べてどのくらいの容量を貯めれるかというのを示しています。

そしてこの数値が85%を下回ると体感的に持ちが悪いなぁと感じてくる方が多いようです、そして80%を下回ると交換のタイミングと言われています。確かにこの数値が80%を下回ると急激に電池の持ちが悪くなり一日持たないことが多いそうです。

次に「ピークパフォーマンス性能」という項目ですがこの機能はバッテリーが劣化するとiPhoneを快適に動作させるために必要な電圧や電流が低下してしまいフリーズしたり動作の遅延が発生したり、そしてシャットダウンしてしまいます。そして今後シャットダウンやフリーズが発生しないようにiPhone側で性能をコントロールするようになります、全体的に性能を下げるので新品に比べるとすこしもっさりした感じが出てきます。このピークパフォーマンス性能という項目が作動しているのも劣化のサインと考えられます

 

この2つが出ている場合はぜひ交換を検討してください!

 

バッテリー交換後のiPhone7

iPhone7バッテリー交換後

新しいバッテリーに交換したiPhone7のバッテリーの状態がこちらです!

最大表示も100%になっておりピークパフォーマンス性能も通常とものに戻っています!

もちろん大事なデータはそのままの状態ですのですぐに使用が可能となっております!

修理時間も30分程で完了しますのでお買い物やお食事の合間にすぐに対応が可能です!

さらに飛び込み修理や店頭での無料診断なども実施していますのでぜひお気軽にご相談くださいね!

 

JR九州博多駅構内のスマップル博多店へのご相談・ご予約はこちら!

 
お電話でのご相談・ご予約はこちら

電話アイコン

LINEからのご予約・ご相談はこちら

LINEアイコン

WEB予約はこちら

WEB予約画像