iPhone修理 専門店 スマップル札幌大通店

スマップル株式会社ロゴ画像
スマップル株式会社ロゴ画像

バッテリー最大容量が90%を下回ってくると減りが早く感じますよ!

最近のブログ内容がガラス液晶交換に偏っていたので、今回は違う内容の修理をご紹介致します。

iPhone6sのバッテリー交換になります。

iPhoneのバッテリーの寿命時期は皆さんご存知でしょうか?

購入から1年半~2年、充電回数は300~500回で交換時期となっております。

iPhone6sが発売されたのが2015年9月25日になりますので、今から約4年前になります。

発売当初に購入された方は間違いなくバッテリーは劣化しているでしょう。

設定のバッテリーからバッテリーの状態を数値化したものが見れます。

ios11.2からみれるようになっています。

iPhone5、iPhone5c、iPhone5sは該当しておりません。

この数値が90%以下になってくるとバッテリーは劣化しているので交換時期と言われております。

今回のiPhone6sは72%とかなり下回っている状況です。

この数値ですと1日はまずもたないでしょう。

数値以上に悪いバッテリーになっていると数時間で電源が落ちてしまいます。

バッテリーの劣化によっては充電ができなくなってしまったり、リンゴループしてしまうこともあります。

バッテリーを交換修理することで改善ができますのでお気軽にご相談下さい!

バッテリー交換後は最大容量の数値も100%になっております!

これでバッテリーに対するストレスもなくなりますね!

iPhoneのバッテリー交換は15分程で終わりますので、修理している間に普段見ることのできないiPhoneの内部を見て待つのもありではないでしょうか。

当店は対面修理を行っておりますのでお客様の目の前で修理を行っております。

用事のあるお客様は端末を預けて外出されてもOKです。

地域最安値で修理ができるのはスマップル札幌大通店です!

皆様のご来店、お待ちしております\(^o^)/