iPhone修理 専門店 スマップル熊本店

スマップル株式会社ロゴ画像
スマップル株式会社ロゴ画像

iPhoneXの水没復旧もスマップル熊本でご対応可能です!お困りの際はお早めにご相談ください!

現在、阿蘇小国町の杖立温泉で

鯉のぼり祭り

が開催中です!

 

4月1日~5月6日までの期間で開催されるこのお祭り、

なんと全国から約3500匹もの鯉のぼりが集められて杖立川に掲げられるんです!

風に揺られて杖立川の上空を優雅に泳ぐ鯉のぼりを眺めながら、

近くの温泉街を散歩されるのも良いかもしれませんね!

 

そして、

温泉や川へお出かけになる際はiPhoneの落下や水没にはくれぐれもお気をつけください!

水没して映らなくなったiPhoneX

こちらは川に水没してしまったiPhoneXなのですが、

完全に電源が入らなくなってしまっています。

防水機能がついたとされる機種でも完全防水ではありませんので、

今回のようにポチャンと水の中に入ってしまうとiPhoneXでも簡単に内部に水が入ってしまい、

電源が入らなくなってしまいますので注意が必要です。

 

内部を開けてみると・・・

水没したiPhoneXの内部

ぎゃー!

かなり水が中に入っています!

あらゆるパーツが水浸しの状態です。

赤くなったiPhoneXの水没判定シール

赤く細長いシールが水没判定シールと呼ばれるもので、

普段は白色をしていますが、

水がかかるとこのように化学反応を起こしてくなります。

こうなってしまうとAppleCare+などの保証も受けられなくなってしまいますので、

水没には本当に注意が必要です。

iPhoneXの基盤

こちらはiPhoneXの基板のコネクター部分です。

iPhoneXは基盤の一箇所に沢山のコネクターが集約される作りになっています。

この部分が水濡れによりショートして焼けてしまったり、

端子が腐食してしまうと復旧が厳しくなるので、

水没後はたとえ画面が映っていてもすぐに電源を切り

出来るだけ早く修理店へ持っていき内部を開けて処置を施す必要があります。

 

今回のiPhoneも早速分解していき、

iPhoneXの分解の様子

基板、スピーカー、バイブレーターなどを一旦外して内部をしっかり乾燥させ、

取り出した基板を洗浄します。

 

運良く基板が生きていればパーツ交換で復旧させることが可能ですが、

中には基板に問題があり画面が映ってもリンゴループなどの起動障害に陥ったり、

全く通電が無い状態で画面が映らないままになってしまうこともありますので、

定期的にバックアップを取り万が一の事態のために備えておくことも大切です。

 

これからの季節、水辺へお出かけになることも多くなると思いますが、

屋内でもトイレやお風呂、台所の流しなどで水没してしまいご来店される方も沢山いらっしゃいます。

 

ちょっとした水没でも処置が遅れると取り返しのつかないことになる可能性もありますので、

水が中に入ったかも・・・

というときはお気軽にマップル熊本までご相談ください!

 

修理のご予約やお問い合わせはWEBやLINEからも承ります!
こちらもお気軽にご利用ください!

★WEBの方はこちらから↓↓

スマップル熊本店の予約ページ

★LINEの方はこちらから↓↓

スマップル熊本店のLINE@