iPhone修理 専門店 スマップル静岡店

スマップル株式会社ロゴ画像
スマップル株式会社ロゴ画像

第72回浜松アートフェスティバル2019

本日ご紹介するイベントは「浜松アートフェスティバル2019」です!

文字通り芸術関係のイベントになるのですが、工芸品の取り扱いが豊富なのが特徴です。

私は工芸品と言ったら思い出すのがどうぶつの森というゲームの埴輪の置物なのですがわかる人いますかね(笑)

今回のイベントは芸術文化の振興と普及、人材の育成と文化交流、地域の活性化を目的に開催されます。

一つの作品に全力を注いでいる職人さんが静岡の各地から参加しますので、面白いお話も聞けるのかもしれませんね(*´ω`)

展示される予定の工芸品は木工工芸、木製家具、陶芸、金属アート、ガラス細工、川工芸などです。

当日は会場での購入だけではなく、その場での発注も可能だそうです('◇')ゞ

会場は屋根付きですので雨の心配をせずに買い物を楽しむことができますよ。

工芸品マニアの方やご自宅に工芸品をおいていつもとちがった雰囲気を味わってみたいという方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

イベント詳細

開催場所:浜松市ギャラリーモール・ソラモ [地図]

開催日:2019年3月22日(金)~25日(月)

開催時間:3月22日(金)11:00~17:00、23日(土)10:00~17:00、24日(日)10:00~17:00、25日   (月)10:00~16:00

予約:予約不要

電話番号:090-9228-1823

住所:静岡県浜松市中区砂山町320-1

 

それでは本日の修理に移りたいと思います。

画面の右端に縦線がでてしまうとの連絡を事前に頂いていましたので画面修理で直りそうですね。

お持ちいただいてiPhoneの状態を確認いたしますと画面が紫色に変わってしまっていました。

画面が黒くなったりすることが非常に多いので、かなり珍しい症状ですね( ゚Д゚)

タイトルにあるChromaとはPCのゲーミングデバイスメーカー「Razer」の色を変える機能の事です。

画面を起動したときに色が変わったのでちょっと似ていると思いました。

iPhoneも背面をピカピカ光らせたら売り上げ伸びるんじゃないですかね(小並感)。

光らせるとバッテリーの消耗も半端なさそうですが…

ちなみにRazarからスマートフォンの販売が行われていることはご存知でしょうか?

ゲーミングスマホを謳っているだけあってかなりハイスペックとなっています。

画像:razer.comから引用

バッテリーの容量がiPhoneのおよそ二倍(4000mA)、周波数が120㎐に対応しています。

周波数とはどういうものかと言うと、一秒間に何回画像が出力されているかを表しています。

例えるならばパラパラ漫画ですね。

10枚の画像を一秒間でめくるよりも、100枚を一秒間でめくったほうが動きが滑らかになりますよね。

iPhoneの最大周波数が60Hzなので2倍の周波数で出力することができます。

このiPhoneを使えばモバイル版のゲームなら敵なしなんじゃないですかね…

ただ弱点が一つだけあって海外でしか修理が行えないのです。

日本で修理できれば文字通り最強のスマートフォンでしょう。

実は静岡店スタッフの中でレイザーフォンを持っている方がいますので、情報が聞きたくなったらお気軽にご相談ください!

はい、Razer信者の布教はここまでにして修理に移りたいと思います。

起動をするとこのように画面が紫色になってしまいます。

上側のほうも画面がバキバキになってしまっていますので画面交換が手っ取り早いですかね。

修理時間は30分ほどですね。

スマップル静岡店にお任せいただければ画面が見えなくなってしまったiPhone5sであっても、

こんなかんじで綺麗に修理することができます!

フレームの歪みもきれいに矯正させて頂きました(*´ω`)

iPhoneの画面が見えるようになったことでバックアップも安心して取れますね!

ただ、iPhone5sも古い機種になりますのでそろそろ機種変更したほうがいいと思います。

その際はぜひレイザーフォンをお使いください(笑)

本日もご閲覧いただきありがとうございましたm(__)m