iPhone修理 専門店 スマップル静岡店

スマップル株式会社ロゴ画像
スマップル株式会社ロゴ画像

北区Deまつり2019

本日ご紹介するのは浜松市北区にて開催予定の「北区Deまつり2019」です。

北区の魅力発信を目的として行われます。

そして、みどころは地域のご当地キャラが集合してくれるところです(^^)/

私が知っているところでは浜松市マスコットキャラクター「出世大名家康くん」が印象に残っています。

徳川家康は静岡にきてからよく目にするようになりました。

気になって調べてみると昔、静岡市を居城として暮らしていたことがあるみたいですね。

徳川家康自体が歴史上の超有名人ですので色々取り上げられるのもわかります(^^♪

そのほかにも多くのキャラが参加してくれます。

他には北区の自慢の味が集結する大物産展や北区の特産品を使ったポン菓子、甘酒の無料サービスなどを行います。

各種アトラクションやステージイベントなどが盛りだくさんなので家族で参加してみてください!

イベント詳細

開催日:2019年3月3日(日)

開催時間:2019年3月3日(日)

住所:〒431-2102 浜松市北区都田町4263-1

電話:053-523-1168

 

それでは本日もiPhoneを修理していきましょう!

本日はiPhone6の画面割れ修理をお受け致しました。

今回持ってきて頂いたのは液晶破損で縦線がでてしまったiPhone6二台…

ご自身のものと息子さんのものらしいです( ;∀;)

片方のiPhoneは画面がバキバキに割れてしまっており左の方に黒い縦線が浮き出てしまっています。

もう片方のiPhone6は画面は割れていないのですが縦線が出てしまっておりゴーストタッチが出てしまっています。

どちらも重度の扱いですが2つを比較してみるとゴーストタッチが起きてしまっている方が症状がよくありません^^;

ただ、割れてしまっているiPhoneも水分が入り込んでしまう可能性があり危険でした。

パスコードロックがかかってしまう前に修理をしていきたいですね。

それでは修理前の画像を見てみましょう!

まずはこちらのヒビ割れがないiPhoneになります。

画面はすごいきれいなのですがこんなにも症状が顕著に出てしまいます。

こういった症状はどこかにiPhoneをぶつけてしまったり、落としてしまった時に起こるものです。

気づかないうちにホーム画面に移動できなくなったりするのが怖いところですね。

気がついたらすぐに電源をおとして修理店に持ち込むのがベストですね。

お次はこちらになります。

こちらが画面が割れてしまったことで起きた縦線の症状です。

勝手にタッチが起きてしまうことはありませんでしたが、水没が怖いですね。

スマップル静岡店でしたら画面の縦線の複数台修理であっても当日受け渡しが可能ですので是非お持込下さい!

それではご閲覧頂きありがとうございました。