iPhone修理 専門店 スマップル博多店

スマップル株式会社ロゴ画像
スマップル株式会社ロゴ画像

福岡3大祭りの放生会大祭のご紹介!

こんにちは!

もう8月も後半でございます!

博多の街は初夏から

どんたくに始まり

博多祇園山笠があり

そして秋の放生会大祭

 

福岡の3大祭りといわれる放生会ですが

筥崎宮放生会は「万物の生命をいつくしみ、殺生を戒め、秋の実りに感謝する」お祭りです。

その起源は「合戦の間多く殺生すよろしく放生会を修すべし」という御神託によるもので、千年以上続く最も重要な神事です。

また、一年おきに福岡市無形民俗文化財指定の御神幸(御神輿行列)が行われ、

七日間の期間中は参道一帯に数百軒の露店が立ち並ぶ、九州随一の秋祭りです。

ほんと、博多では大きな秋祭りでしょうか

毎年かなりのひとひとひとになっておりますヽ(´▽`)/

期間中はのべ100万人くるとかこないとか・・・

そして参道にはお化け屋敷や射的・ヨーヨー釣り・新ショウガなど約500軒もの露店が軒を連ねて、連立大変な賑わいです!

わたし的には、うなぎ釣りや的あてなどもあって大人も子供も楽しめるお祭りです!

ただし駐車場に限りがあるので公共の交通機関で行くのがいいかと思いますヽ(´▽`)/

また神事も見ものです。

2年に一度(西暦の奇数年にあたる 2015年、2017年…)行われる御神幸(御神輿行列)は

9月12日(御下り)と14日(御上り)に氏子約500名の奉仕により厳粛に齋行いたします。

◆9月12日18時から(御下り)
御神幸が「筥崎宮」を出発。九大病院前や、JR吉塚駅前、
箱崎小学校前などをまわり、22時に頓宮に到着。

◆9月14日19時から(御上り)
「御下り」のコースを逆に進み、約1時間かけて「筥崎宮」へ。

改めて放生会でお祭りを楽しむ前にしっかりとお参りをしてくださいね★

放生会供養祈願祭:私たちの生命は、他の生命の犠牲の上に成り立っています。日頃は意識することは少ないですが、

これら物言わぬ生命のおかげで、私達は生かされています。

筥崎宮・放生会供養祈願祭は、あらゆる生き物の霊を慰め、感謝の気持ちを捧げるとともに、

さらなる商売繁盛、家内安全を祈る神事です。

期間中は、やむを得ず殺生した生き物や、家族同様に生活したペットなどの霊(みたま)祭りなどを受け付けております。

ぜひ生き物の大切さ命の大切さをしっかり噛み締めてください★

さてさて命を大事にする、ものを大事にする

気持ちは一緒です!

そしてスマップル博多も

お客様のiPhoneを修理して末長く使っていけるように

しっかり修理・メンテナンスをさせていただいております!

本日もそんな傷ついたiPhoneの修理速報をご紹介しますねヽ(´▽`)/

この時期はとくに多い水没修理の速報になります!

まずはこちらをどうぞ!

ん~かなりの損傷度合いです・・・

海水が乾燥してしまい、海水にふくまれる不純物や塩分などが

iPhoneの内部で結晶になっております(´・ω・`)

2枚目の写真を見ていただいくとわかるように

一部赤いシールが見えると思います。

このシールは元々白いシールで、水に濡れると赤く反応する特別なシールなんです。

Appleでもここのシールを見て水没しているか判断そているようです。

シールは一ヶ所だけではなく複数ヶ所あり、機種によってもその場所は様々です。

当店では水没の場合、

iPhoneの基板(ロジックボード)を本体から取り外し、特殊な機械で洗浄をしていきます!

そしてメンテナンスを行い、しっかり乾燥させて再び組み上げていきます。

この時点で電源が立ち上がる場合もあれば、部品交換が必要になる場合もあります。

ケースバイケースなので、

こればかりは実際にやって見ないとわからないですね。

さてさて乾燥が終わりました。

祈るような気持ちで電源を入れます。

むしろ祈ります!!

どん!!!!

きたーーーーーーーー!!!

海水に浸かったiPhoneも修理することができます!!

iPhoneが壊れたら、通常キャリアさんやメーカーさんにお持ち込み、

ご相談される方が多いと思います。

当店の近くなら、「ドコモショップ博多駅南」や「au博多駅南店」ですね。

あとは、「ヨドバシカメラ マルチメディア博多」の「Apple Shop」ですかね。

ただ水没の場合、修理できたとしても本体ごと交換することになり、

中のデータは消えてしまうことがほとんどです。

日頃からバックアップを取って入ればいいのですが...

そんな時はスマップル博多店にご相談ください!!

お急ぎの方、データのバックアップを取っていない方はぜひ一度ご相談ください!

お問い合わせお待ちしておりますヽ(*´∀`)