iPhone修理 専門店 スマップル熊本店

スマップル株式会社ロゴ画像
スマップル株式会社ロゴ画像

画面修理で水没発覚!!

スマップル熊本です。

熊本でも突然の雨や雷が鳴りだすことが多く、
突然の雨でiPhoneが濡れてしまって水没…
なんてことになるかもしれません。

画面が割れているとどんなに防水であっても
水没してしまう可能性があります。

また、ガラスが割れているまま利用を続けていると、
知らぬ間に水没していた…ということもあります。

今回紹介する修理内容は、
まさに知らぬ間に水没していたという内容です。

それではiPhone6sの修理の紹介です。

ご依頼のiPhoneは、ガラスが割れていたまま利用を続けていたところ、
再度落としてしまった際に、液晶表示がおかしくなったというものでした。

液晶には黒いシミが発生し、さらに赤・青・緑といった線が発生しています。

タッチ操作もできにために、詳しい故障状況の切り分けは、
画面交換後に実施していきます。

内部を確認すると、本体上部にある、
元は白い水濡れシールが赤く変色していました。

これは上部の割れがひどいことからもわかる通り、
割れた隙間から水分が入り込んだと考えられます。

水分が完全になくなっているため、
知らない間に水没していた可能性があります。

お風呂で使ったりする方もいるようですので、
そういった湿度の高い場所で、内部が結露することもあります。

完全に乾燥していて、ひどい腐食なども発生はしていなかったため、
各コネクタの接触部分を丁寧に磨いて画面交換を実施しました。

画面交換を実施するとで、正常に表示されるようになりました。

操作も問題なく認識するようになりましたので、動作確認を実施し、
カメラ・マイク・スピーカー・近接センサー・ホームボタン・Touch ID・
3D Touch・Wi-Fiといった各種機能も問題なく利用できましたので、
これにて作業完了です。

今回のように、画面が割れた状況で、操作ができる
ということでそのまま利用されている方が多くいらっしゃいます。

そのまま使っていると、今回と同様に水没したり、
画面が突然映らなくなったりと症状がひどくなることもあります。

状況基盤故障といった次第では、復旧出来なくなる可能性もありますので、
万一に備え、バックアップは定期的に実施することをオススメ致します。