iPhone修理 専門店 スマップル熊本店

スマップル株式会社ロゴ画像
スマップル株式会社ロゴ画像

明日は雨です。水没要注意です!

この時期特に増える修理といえば、水没。

iPhone7には耐水加工がされていますが、水没することもあります。

先日、iPhone7の修理のご依頼がありました。

ご依頼のiPhone7は購入金額の一部を寄付のできるREDです!
色鮮やかなREDですが、画面がバッキバキでした(´・ω・`)

液晶もシミや線が発生してしまっていて、操作が出来ない状況でした。

画面交換を行うため、画面を開けると…

ご覧の通り錆が確認できますね。

金属に水分は大敵です。

こちらは本体内に水が入ったことを検知する「水濡れシール」になります。

このシールは反応前は白いのですが、水を検知すると赤く染まるように出来ています。

ご覧の通り赤く染まっていることから、本体内に水の侵入があったことを
証明してくれています。

ご覧のように水が侵入することで錆などの腐食が急速に進んでしまいます。

とくに塩分が多い海水やラーメンなどは腐食の進行が早いので、時間が経つと
手遅れになってしまいがちです。

ちなみに今回のiPhone7なんですが、お客様が当店にお持ちになった際は画面の割れを
修理してほしいとの依頼でした。

当店も通常の画面修理かと思っていましたが、内部を確認してビックリでした。

恐らく画面が割れたままでしばらくご使用されていたのでしょう。

その際に水分が内部に浸透し、今回の本体内の腐食の進行に繋がったのだと思います。

いくらiPhone7が耐水加工されていたとしても、割れてしまってはまったく効果を
発揮できません。

今回の端末がそれを物語っていますよね。

実際割れていなくても、水没してしまっては流石のiPhone7でも歯が立たずに簡単に
水没してしまうんです。

こういったiPhone7の水没修理を何件も修理してきたので分かるのです。

ですので例え耐水加工されていたとしても、過信することはやめてください。

できるだけ水の近くに持って行かない事を心がけましょう。

持って行く際は絶対に水が入ってこないような、防水ケースなどを準備して
しっかり対策してくださいね。

それと定期的にバックアップをしてください。

当店にご来店のお客様の半数以上が定期的なバックアップを実施していません。

データのバックアップはもしもの時の保険として思っていただき、必ず実施して
いただきたいと思います。

それではスマップル熊本でした。