iPhone修理 専門店 スマップル長崎店

スマップル株式会社ロゴ画像
スマップル株式会社ロゴ画像

充電が不安定なのはホコリが原因でした

おはようございます。スマップル長崎店です。

 

本日は充電トラブルについてです。
iPhoneが充電できないのはおおごとですね。バッテリーの充電残量がなくなり、給電しなくなればiPhoneは起動しません。
人間の心臓が止まってしまえば身体機能が停止するのと同様に、バッテリーが充電されず、給電不可になればiPhoneは文鎮状態になります。

 

充電不能になる原因はいくつかあります。
・バッテリーの不具合・劣化
・差し込み口の腐食・コネクタの故障
が、まず挙げられます。
起こる可能性はどちらも決して低くはありません。
当店でバッテリー交換、ドック(Lightning)コネクタ交換を行うことで、充電できなかった、起動しなかったiPhoneが復活するケースがいくつもございました。

 

上記2つ以外にも、原因は考えられます。意外な原因でもあります。それは
・ケーブルの断線

・コネクタ部分にゴミが詰まる

充電ケーブルを長い期間使用していると、プラグとケーブルの接続部分がよく断線します。

また、コネクタの穴の奥にホコリや紙くずなどのゴミが溜まっていくことがあります。

今回来店されたお客様は2番目の状態でした。

Lightningプラグが奥までカチッとはまらなかったので、穴を見てみると黒いものが見えました。

それをピンセットつまむと、ホコリの塊が出てきました。

これを取り出した後はしっかり充電できました!

 

何故か充電できないときは、まずケーブルやコネクタの穴を確認してみましょう。