iPhone修理 専門店 スマップル渋谷本店

スマップル株式会社ロゴ画像
スマップル株式会社ロゴ画像

歴史を感じる「大ラジカセ展」

「ラジカセ」ってどれくらいの年代の人まで知っているんでしょうか?

カセットテープ、CD、MD、mp3ウォークマンと年代ごとに使っている物は違ってきているかと思いますけれど、そんな初期プレイヤーのラジカセの展示が渋谷で行われます。

日本随一のラジカセ・家電蒐集家である松崎順一氏が監修ており。

ラジカセの元祖である第1号機『AIWA TPR-101』をはじめ、スタンダードなラジカセから、オーバーデコレーションなラジカセまで、バブル期に生産されたバブカセまでもを選りすぐりのヴィンテージラジカセ約 100 台が展示さされるんです。

本展のみどころとしては、ヴィンテージラジカセ展示(約100台、1968~1993)

・クリエイターによるカセットアート展示(カセットテープ200本、参加クリエイター17名)

・「ラジオ+カセット」体験(伝説のラジオ番組視聴、DJなりきりフォトスポット、1968年男子部屋・80年代女子部屋)

 

開催期間:2017年8月2日(水)~8月14日(月)

開催時間:月~土 10:00~21:00 日・祝 10:00~20:00

※最終日は17:00閉場。入場受付は閉場の30分前まで。

開催場所:西武渋谷店 A館 7階 特設会場

料金:一般・大学生 500円 高校生以下無料
カセットテープ付特別チケット1,000円(税込)
※数に限りあり。

主催:西武渋谷店

お問合わせ:TEL:03-3462-0111(大代表)

 

物を大事にしていけば長く使うことができるはずです。

iPhoneも故障、画面などが割れてしまっているのであれば直してあげましょう。

今回も画面の修理でお持ち込みいただいたお客様がいらっしゃいました。

ラジカセにも歴史があるように、iPhoneにも歴史があり、現在のiPhone7があるといえるでしょう。

スティーブ・ジョブズからティム・クックまで引き継がれていったiPhone。

30分程のお時間で、画面修理をさせていただきました。

ラジカセ、iPhone以上にも渋谷の街は沢山の歴史物があるでしょう、お時間がありましたら、歴史を感じに渋谷の街へ行ってらっしゃい!

以上、スマップル渋谷本店でした。