iPhone修理 専門店 スマップル川崎店

iPhone修理なら安くて速いスマップル川崎店にお任せ

スマップル株式会社ロゴ画像

iPhoneのバッテリー問題

 

ここ最近バッテリー交換を希望するお客様が増えて参りました。

iPhoneのバッテリーといえば新しいiOSにより古い機種のiPhoneがバッテリーの消耗を激しくすることが話題となりました。

お客様の中には

「なぜ、まだ2年も経っていないのに。。。」

「交換してこれでよくなりますか?」

と疑問になる声も増えてきています。

今回はバッテリーについて少し触れていければと思います。

 

►バッテリーの充電回数

基本iPhoneやAndroidスマートフォンなどは2年周期で新しい機種へ機種変更をすることが勧められてします。

それも平均充電時間を考えると2年(730日)がバッテリーの寿命を迎えるピークだとデータに基づかれている為です。

iPhoneのバッテリーの充電回数は400回で元の容量の80%までしか充電できなくなるとSoftbankのFAQで記載されています。

 

►充電回数とは

充電回数(放電回数)とは0%の状態から100%の状態まで何回充電したかということです。

すなわち0%から100%まで使えば1回分としてカウントされます。

例えばこのような使い方も可能です。

 

 

この場合、Aさんは0%の状態から100%の状態になるまで充電して使っています。

Aさんの場合はこれで1回分の充電回数となります。

対してBさんは充電を60%、20%、20%と3回に分けて行っています。

iPhoneやAndoridなどのスマートフォンのリチウムイオン電池に関しましてはとても優秀な為、継ぎ足し充電が可能となっています。

その為、Bさんのような複数回に分けての充電を行ったとしても同じ1回分としてカウントされます。

これが400回繰り返されると最大容量が80%以下になってしまい、バッテリーの減りが早くなったと感じるようになるわけです。

 

►過充電について

お客様の中で最も多いのがこの過充電によるバッテリーの消耗で、バッテリー交換希望のお客様の大半は過充電を酷使しています。

過充電とは充電が溜まっても充電をしてしまうことです。これは仕事中や寝ている間などの充電器に差したまま放置すると起こる現象になります。

先程の充電回数を基に見てみますと、

 

となります。

この場合、Aさんは放置して充電を行っていた為充電1回分と20%超過してしまいました。

この超過が長ければ長い程、充電回数の超過が増えていき、1晩で1回分の過充電をしてしまうケースもあるみたいです。

Bさんは0%から100%まで充電し、使っているため過充電はなく、1回分としてカウントされます。

CさんですがBさん同様60%まで充電はしますがその後20%使用した後、2回に分けて80%まで充電しました。

Cさんの場合のみ、80%までしか充電は出来ていませんが充電回数は1回分です。

 

►オススメの充電方法

全てを踏まえてオススメの充電方法は、20%から80%までを継ぎ足しで充電する方法です。

寝ている間や放置してしまう仕事の合間などは充電器から外し、気になったら充電して外すを繰り返し行う事です。

純正ケーブルを使う使わないでも充電回数に乱れが生じたり急速充電が行われなかったりとありますので

純正のケーブルを使って充電することをオススメします。

 

バッテリーの減りが気になる方は是非お試しください。

一度、バッテリーの交換を行って充電回数をリセットしてから実践するのもいいと思います。

当店ではバッテリーの交換15分程度で行っており、即日修理対応ですので是非ご利用ください。